クリニックに相談して包茎を解消|包茎を自ら治すは早計

医者

コンプレックス克服

doctor

男性としてのコンプレックスとなる、仮性包茎。仮性包茎は健康上特に問題があるわけではありませんが、やはり気になるものですので、上野などでクリニックを探して治療してもらいましょう。

Read More

治した方がいい包茎

men

真性包茎は、仮性包茎と違って衛生上の問題が発生してしまう病気。もちろんコンプレックスも強いので、治療した方がいいといえます。上野付近では、保険適用にて治療が受けられるクリニックを見つけることができます。

Read More

男の自信を取り戻す

上野のクリニック手術で脱包茎宣言!治療をすることによって自信のある生活ができます。まずは包茎について理解を深めましょう。

doctor

顔の造形や体のスタイル、肉つきなど、自分の自信となったり逆にコンプレックスとなったりする部分は多くあります。そのなかのひとつに、男性であれば「ペニス」があります。「どうせ普段は見えない場所」とはいっても、どうしても男性としての自信に大きく関わってくる部分です。
大きさ、についてはここでは触れません。ここで取り上げたいのは、包茎についてです。

包茎には、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎があります。このなかで医学的に包茎となっているのは真性包茎とカントン包茎で、真性包茎は包皮が亀頭を覆ってむくことができず、カントン包茎は「むくことはできるが痛みや出血が伴う可能性がある」といったものです。仮性包茎はやろうと思えば普通にむくことができるため、医学的には病気ではありません。ただ、男性としてのコンプレックスになる点では、どの包茎も変わらないでしょう。

これら包茎を治すためには、クリニックを受診することを推奨します。東京では、上野・新宿・池袋など、大きい街にはこういったクリニックが多くあります。
一応包茎治療には、矯正道具が販売されていますので、矯正道具を使ってある程度治療を行うことはできます。また、特に仮性包茎であれば、性行為の際にはローションを上手く使うことで不都合なく暮らすこともできます。
しかし、これらの対策はあくまで対処療法で、しかも知識がない状態で自分で行うと逆効果となってしまう可能性も否めません。そのため、信頼できるクリニックを探し、手術などの治療を検討することが大切です。

注意すべき包茎

men

仮性包茎と真性包茎の中間であるカントン包茎。しかし、中間だからこその危険性がカントン包茎には潜んでいます。そのリスクを回避するためにも、上野付近でクリニックを探し、治療を受けるようにしましょう。

Read More